お腹に効果的に働きかける植物由来の乳酸菌

小腸では、糖類などが増加してしまう事もあります。その状態では、体調不良になってしまう事もよくあるのです。ところで乳酸菌は、お腹の環境を整えてくれる力は期待できます。いわゆる環境調整の力はあるからです。

お腹の環境は、悪くなってしまう事はたまにあります。時には悪玉菌の割合が増加したり、老廃物が蓄積する事もあります。ですが乳酸菌が腸内を上手く調整するので、お腹の環境も良くなると見込まれる訳です。
ところで乳酸菌と言っても、様々な分類はあります。大きく分けると、動物もしくは植物の2タイプになるのです。

一般的に動物由来の菌類の場合、胃酸には少々弱い性質があります。つまり酸によって溶かされてしまう訳です。

それに対して植物由来の菌類でしたら、お腹の中でもたくましく生息してくれる傾向があります。つまり動物のタイプと比べれば、お腹に対して効果的に働きかけてくれる訳です。ですから多くの方々は、植物性を比較的高く評価しています。

乳酸菌サプリを比較する時も植物性か動物性かを比べてみると決めやすいですよ。

 

ビフィズス菌はベビーのうんちから

ビフィズス菌は、1899年にベビーのうんちから発見されました。ビフィズス菌は人の腸内に最も多くすんでいる善玉菌です。人の腸内に住んでいるビフィズス菌は他の善玉菌である乳酸菌の100倍といわれています。

ビフィズス菌は腸内に適した細菌なのです。腸内細菌は体内に有用な役割をする善玉菌、体内に有害な悪玉菌、どちらの働きもせず腸内に多い菌の働きをする日和見菌があります。

普段はバランスよく存在して腸内環境は整っているのですが、生活習慣の乱れや便秘などが原因で悪玉菌が増えて腸内環境が乱れてしまうことがあります。

ビフィズス菌を摂取することで腸内の善玉菌を増やし便秘解消することができます。食品からのビフィズス菌の摂取が難しい場合はサプリメントでも摂取することが可能です。

大量にビフィズス菌を摂取すると腸の蠕動運動が刺激され過ぎてしまい過度に排便が促進されて下痢になってしまう場合もあるので適度な摂取を心がけるようにしましょう。

 

腸内環境を整えて健康維持を

腸内細菌は体によい働きをする善玉菌、体に悪い働きをする悪玉菌、普段はどちらの働きもしないが腸内で多くなった菌の働きをする日和見菌の3つの細菌があります。腸内環境がよい状態とは善玉菌が多い状態のことをいいます。

腸内環境は暴飲暴食や不規則な生活、便秘などで簡単に乱れてしまいます。便秘になると悪玉菌が増えてしまいます。野菜や海藻などに含まれる水溶性食物繊維は便秘を解消する働きがあるので積極的にとるようにしましょう。

またヨーグルト、乳酸菌飲料、チーズなどの乳酸菌やビフィズス菌を含む食品を摂取することで、腸内の善玉菌を増やすことができます。オリゴ糖も腸内の善玉菌を増やす役割があります。

健康維持のためには腸内環境を整えておくことが重要です。腸内環境の悪化は様々な病気の原因にもつながります。生活習慣を見直して健康的な腸を保ちましょう。

便秘に悩んだら食習慣の改善だけでなくサプリメントを摂取することもおすすめです。